科学的に効果のある「フラーレン」「シグナペプチド」オールインワン美容液特集はこちら>>

エリザベス女王1世も愛用したオーガニックソープ【ナーブルス】が日本初上陸

創業1611年

世界中で販売されているのに、2018年1月にようやく日本初上陸した!オーガニック石鹸NABLUS(ナーブルス)

今回、使うのが本当にもったいなくて、まだ使っていません。

 

先ずはクローゼット(下着ケース)の中で、その香りを存分に楽しんでからゆっくり使いたい♪

香りが飛ぶ1週間後くらいに使用感など追記します→3/1追記

 

顔・全身・髪の毛も洗える、うるおう!

ナーブルスソープぶどう

NABLUS(ナーブルス)】ソープが世界中で人気な理由は、これ1個で全身洗えるというところ。

洗えるだけではなく、洗った後も保湿が要らないくらいうるおう!

それも、オーガニック石鹸なのにっ!

<成分>

オリーブ果実油・水酸化Na・ブドウ種子油・水・ブドウ果実エキス

日本のような緩い基準ではなく、世界の厳しい基準を満たした100%オーガニックソープなので、赤ちゃんと使うこともできます^^

*日本のオーガニック基準は、1%でもオーガニック成分が含まれていればオーガニック製品だと呼べる

 

世界基準のオーガニック【NABLUSナーブルス】ソープ

オーガニック石鹸ナーブルスソープ

創業1611年、400年も同じ作り方で作っている【NABLUS(ナーブルス)

エリザベス女王1世も愛用していたそうです。

 

日本では徳川家康が生きていた時代、、汗

日本にももしかすると、その頃から同じ製法で作られている石鹸があったりするのかな?!

 

【ナーブルスソープ】種類は19種類!日本では5種類

全身洗えるナーブルスソープ

ナーブルスソープ】の総種類数は全19種。

 

▽日本で買えるナーブルスソープの5種類

ブドウ・オリーブ・アボガド・タイム・死海の泥

この他に液体ソープが4種あり、総種類数は23種!

<日本公式サイト>では、上記5種類が2017年12月より取り扱い開始されました(^o^)丿

【ナーブルスソープ】オーガニック天然素材のみで作られた石鹸

▽2018.3 数量限定入荷!
新素材「ザクロ」と「山羊(やぎ)ミルク」が限定数量で入荷していますよ~!

【ナーブルスソープ】大きくて分厚い石鹸!

ナーブルスソープ_グレープ

初めて【ナーブルスソープ】を手にした感想は、「分厚いっ(ぶあつい)!」でした。

 

こーんなに分厚いんですよ!

分厚い!

この分厚さはきっと、外国人の大きな手で扱いやすいサイズ感なのでしょうね。

家族皆で使っても、たっぷり1ヶ月もちそう!

早く使ってみたい(^^♪

泡立たない?【ナーブルスソープ】を使ってみた!

NABLUS(ナーブルス)

さて、いよいよ使ってみます!

泡立ちの良さをチェックしてみます。

NABLUS(ナーブルス)】ソープは泡立たない石鹸?

ナーブルスソープの泡立ちの悪さ

通常の石鹸のように、手と石鹸を水で濡らして、石鹸を手の平でクルクルと回しながら泡立ててみました。

・・・が、一向に泡立ちません!!

ヌルヌルとしたまま・・・

 

このヌルヌルが肌の上を密着している、不思議な使い心地~!

ナーブルスソープは泡立たないからうるおう!

【ナーブルス】はオーガニック100%の石鹸。

界面活性剤のような人工的なものは入っていないので、変に泡立つのもおかしな話。

ヤシの実キッチン洗剤なども、泡立ちは悪いですよね。

泡立てネットを使えば泡立つと思います^^

【ナーブルス】ソープでどうやって体を洗う?

私は【ナーブルス】ソープをそのまま滑らせながら、このヌルヌルを両手の平で体に塗り込むようにして洗っています。

  1. 体と石鹸を濡らす
  2. 両手の平で石鹸をクルクル転がしながらヌルヌル(泡)を集める
  3. 石鹸を体の広い面積の部分(お腹や足、腕、お尻)でクルクルする
  4. 石鹸を置き、両手で全身を撫でるように洗う(この時、ヌメリが足りないようであればお湯を少し足す)

髪の毛も洗えるそうですが、今のところ身体止まり・・

【ナーブルス】ソープで全身を洗った感想

石鹸で体を洗う方法

【ナーブルス】ソープで全身を洗ってみて、ナーブルソープの魅力の1つである「乾燥しない」ヒミツが分かった気がします。

上記の泡立ちの悪いヌルヌルが、肌に密着するのですが、このヌルヌルをしっかりと洗い流した後は「しっとり」うるおい成分として残っているような使い心地。

 

▽【ナーブルス】ソープで全身を洗った感想

  • よく言えば「しっとり」
  • 悪く言えば「泡切れが悪い」

泡立ちの良いボディシャンプーは、さ~っとお湯をかければ勝手に流れていってくれますよね。

子供用の全身洗えるシャンプーなんかも、子供がさ~っと流すだけで泡切れが良い。

 

ただ、オーガニック100%【ナーブルス】ソープは、お湯をかけながら「手でヌルヌルをしっかり落とす」感覚。

なので洗いあがりの肌は、キュッキュッとサッパリしているというよりは、本当にしっとり。

きっと、【ナーブルス】ソープの「泡立ちは良くないヌルヌル成分」が、肌の表面の汚れを落としつつ、今汚れを落とした場所をうるおい成分がササっと入り込んでうるおいで肌を包んでしまう・・・イメージ。

(伝わるかしらね、、)

 

湯上りのボディクリーム要らず」は本当でした!

>>【ナーブルスソープ】乾燥を防ぎ、肌を潤す石鹸

乾燥しない肌がうるおう【ナーブルスソープ】まとめ

フェアトレード石鹸

国際FAIRTRADE(フェアトレード)認定製品でもある【NABLUS(ナーブルス)ソープ

フェアトレード認定製品を購入することで、「発展途上国の生産者を支援することもできる」システムです。

世界基準のオーガニック100%を貫くだけではなく、こういった新しい取り組みにも参加しているところが好き。

今なら、新素材「ザクロ」と「山羊(やぎ)ミルク」が限定数量で入荷していますよ~!(#^^#)

【ナーブルスソープ】乾燥を防ぎ、肌を潤す石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です